WORLD WIDEな生活を夢見て!

語学留学やワーホリだけじゃない!もっと知ってほしい「オペア留学」と「カンボジア就職」の魅力満載!

語学留学、ワーホリ、オペア留学どれが良いか分からない。お金や生活面について徹底比較してみました!

f:id:hinaoki0216:20180118195139p:image

アメリカでオペア留学をしました。

HINA(@konahirita) です。

 

「留学に行きたい」と言っても、世界には色々な留学があります。一般的によく聞くのは「語学留学」や「ワーホリ」だと思います。

 

私もオペア留学に行く前は、どの留学が自分に合っているのかとても悩みました。

 

どの留学に行くかによって、費用や現地での生活が大きく変わっていきます。現地に着いて「自分に合わないかも〜」と後悔しない為にもそれぞれのメリットとデメリットを見極めたいものです^ ^

 

なので、今回は

「語学留学」「ワーホリ」「オペア留学」

について比較していきたいと思います!

 

 

それぞれの留学の特徴

まずは、それぞれの留学の特徴から書いていきます。

・語学留学とは?

現地の語学学校に通い英語を勉強する留学です。語学留学するには、学生ビザの取得が必要です。また、アメリカでは学生ビザで働くことが禁止されているので現地でのアルバイトはNGです。

 

ちなみに正規留学とは、
現地の高校や大学、大学院などの教育機関で直接学び学位をとる留学です。

 

・ワーホリとは?

現地で働きながら英語を勉強する留学です。

就労ビザの取得が義務付けられており、お給料をもらうことができます。仕事をしながら語学学校に通うこともできます。

 

※ワーホリはカナダやオーストラリアが有名でして、残念ながらアメリカではワーホリできません。

 

・オペア留学とは?

ホームステイをして、そこの子どものお世話をしながら英語を身につける留学です。

住み込みのベビーシッターとして働くのでお給料がもらえます。規定により決められた単位を取得しなければいけないので、学校に通えます。

 

1年間にかかる費用はどのくらい?

それぞれの特徴が分かったところで
1年間にかかる費用や実際に得られる収入などについて比較していきましょう^ ^

 

 どんな学校に通うのか、ホームステイにするのか、それともシェアハウスに住むのかで1年間にかかる費用は大きく異なります。

 

なので、このぐらいかかります!と断言はできませんが

目安として表にまとめましたのでご参考までにどーぞ(^.^)

 

f:id:hinaoki0216:20180118223415g:plain

 

やはり、留学に行くには

ある程度のまとまったお金が必要です。

  

中でも一番安いオペア留学は、

他の留学とは違う面白い制度があります。

 

例えば、

 

エージェントに支払う30万に

航空券往復が含まれていたり、

 

オペアはホームステイ先にあるご飯を

無償で食べることができたり

 

1番の違いは、

ホストファミリーが最大500ドルまで

学費のサポートをしてくれることです。

 

留学に行って、第三者から学費のサポートを受けられるなんて奇跡にちかいです!!

 

もちろん、私もこの制度を利用して

3つのクラスを取ることができました。

 

英語の環境はどう違うの?

では、もう少し細かく比較していきます〜! 

 

〜語学留学〜 

【Good】

  • 仕事をしなくていいので毎日学校に通え、しっかり勉強ができる。
  • 日本人のみの学校を選ばない限り、クラスメイトにもアジア人やヨーロッパ人がいて、英語のコミニュケーションが必須。

 

【Bad】

  • アジア人やヨーロッパ人の友達ばかりでネイティブの英語に触れる機会が少ない。本場に行ったからにはネイティブの英語に沢山触れたい。
  • クラスメイトに日本人が多い場合は英語を話す機会が減ること。

 

〜ワーホリ〜

【Good】

  • 現地の企業や飲食店で働きながら英語が学べる。
  • ネイティブの英語に触れることが多いので難しい英語の言い回しやスラングなども身につきやすい。

 

【Bad】

  • とりあえずジャパニーズレストランで働くという人が多く、日本語の環境から抜け出せないケースも多い。

 

〜オペア留学〜

【Good】

  • アメリカ人ファミリーの家で子どものお世話をするのでネイティブの英語に触れる機会が多い。
  • 幼稚園や近所でも英語を使うので英語のみの環境が作りやすい。

 

【Bad】

  • 子どものお世話がメインなので、学校は毎日通えない。教科書を使って英語の勉強というよりは、日常のお仕事をしながら学んでいくというスタイルに近い。
  • 仕事の合間に学校に通うので好きなクラスを取れないことも。

 

生活の自由度はどのくらい?

f:id:hinaoki0216:20180118193233j:image 

語学留学

テストが多すぎて、休日も勉強漬け。フリーな時間は少ない。

 

ワーホリ

仕事が1日の半分以上を締めるため、勉強する時間は作りにくい。しかし、仕事が終わればすべて自由な時間。お金もあるので生活の自由度は高い。誰にも気を使わずに生活できる。

 

オペア留学

仕事優先で勉強する時間を作るのが難しい。仕事が終われば全て自由な時間。お金もあるので結構自由にできる。しかし、ホストファミリーと住んでいるので「今日はどこ行くの?」などと聞かれて干渉されていると感じることもある。

 

メリット&デメリット

〜語学留学〜

《メリット》

  • 現地の学生の様子が知れる。
  • ホームパーティーなどのイベントに呼ばれやすい。

 

《デメリット》

  • 英語での授業についていくのが大変。
  • お金がなくて生活が厳しい。

 

〜ワーホリ〜

《メリット》

  • 自分の好きな仕事を選べる。
  • 貯金できる。

 

《デメリット》

  • 仕事が見つからない。
  • ホストファミリーやルームメイトと合わない。

 

〜オペア留学〜

《メリット》

  • 現地で仕事を探さなくてもいい。
  • ご飯に困らない。
  • 現地のファミリーの生活やアメリカの文化をより深く知れる。

 

《デメリット》

  • ホストキッズがなつくまでが大変。
  • ホストファミリーと合わない。
  • 渡米前の条件より多く仕事を任される。

 

渡米前の準備

〜語学留学〜

必要な書類やビザを揃える。

 

〜ワーホリ〜

必要な書類やビザを揃える。

 

〜オペア〜

  • 必要な書類やビザを揃える。
  • 保育時間を稼ぐ。

 

それぞれの留学を比べてみて

私の考えとしては、

現地でガッツリ勉強したい→語学学校

 

勉強もしたいけどプライベートも楽しみたい。ただ海外に住んでみたい。→ワーホリ

 

勉強もしたいし、プライベートも楽しみたい。そして子どもの面倒みるのが苦じゃない→オペア留学

 

後は、留学に対していくら投資できるかによると思います。

 

まずは、 

  • なぜ留学したいのか?
  • 現地ではどんなことをしたいのか?
  • 留学後なにをしたいのか?

 

ということを考えることで、あなたがどんな留学をしたいのか具体化されていくと思います。

 

最後に、私は留学を通して色々な経験ができ、大きく成長することができました!

もしあなたが「留学に行きたい」と思っているなら是非実現させてほしいです!

  

心より応援しています^ ^ 

30万でアメリカ生活できるオペア留学ってなに?

f:id:hinaoki0216:20180108215322p:image

あなたはオペア留学を知っていますか?

 

30万でアメリカ留学できる!

さらに、最大2年間滞在できる!

 

留学生にはとても魅力的な留学の一つです(^^)

特に、若い女性から人気です!

 

しかし、認知度がまだまだ低くほぼ99%の確率で

「オペア留学って何?」って聞かれます。

 

少しでも多くの方に知って欲しいので、

「オペア留学」についての記事も

ドンドン書いていこうと思います!

 

留学したいと考えている方に

語学留学やワーホリも良いけど

 

オペア留学っていう方法もあるんだよ〜

ってことを知っていただけると嬉しいです♩

 

オペア留学とは?

f:id:hinaoki0216:20180107153538j:image

ホームステイをしながら、その家族の子どものお世話をし、お給料を貰うことができる留学プログラムです。

 

簡単に言えば、海外で住み込みのベビーシッターとして働くというイメージです。

 

ベビーシッターの文化がない日本では

イメージしにくいですが、

 

アメリカでは、パパママがデートをするために

数時間ベビーシッターをお願いする

ということは珍しいことではありません。

 

海外で他人の家に住み子どものお世話をして大丈夫なの?って感じる方もいると思いますが、

 

オペア留学は、アメリカ政府が認定した

正式な有給チャイルドケア・プログラムです。

 

なので、厳しいルールのもと運営されており手厚いサポートが受けられます。またファミリーの質も普通のホームステイに比べるととても良いです!

 

ワーホリがないアメリカで2年の就労が認められているのもオペア留学の魅力です♩

 

普通の語学留学と比べて、ホストファミリーと過ごすことが多いので、アメリカの生活や文化に深く触れることができます。これぞ本当のアメリカンライフですよね!

 

オペアのお仕事 

まず大前提にあるのは、愛情を持って子ども達のお世話をすることです!

 

人様の子どもをお世話するので責任重大な仕事でもあります。

 

しかし、危険なことを避けて生活していればそんなに問題は起こりません。

 

オペアの就労時間は、

1日あたり10時間以内、週に15時間

週1日半の休日もあります。

 

仕事内容としては、

 

子どものご飯の支度

・学校や習い事の送迎

・子どもの洗濯

・プレイルームの掃除

・歯磨きやお風呂のサポート

・寝かしつけ

 

など第二のママとなり、子どものお世話全般を行います。なので、私は海外での花嫁修業と呼んでいます(笑)

  

オペアになるための条件

f:id:hinaoki0216:20180107152959p:image

  •  こどもが好きで、楽しんでこどもの世話ができる
  • 基本的な英語力があること(日常会話程度)
  • アメリカ文化に興味があり、アメリカで1年間生活できること
  • 年齢が18歳以上26歳未満であること
  • 日本で運転免許を所有していること
  • 未婚で非喫煙者であること

 

オペア留学には嬉しい特典がいっぱい

 

  • 往復航空券
  • 週ごとの$195.75のお給料(年間80〜100万円程度)
  • ホストファミリー宅での個室と食事
  • 現地で学校に通う場合の学費補助(年間最大$500)
  • ニューヨーク近郊でのオリエンテーションと観光
  • 同じ地域に住むオペア仲間とのイベント
  • エリアディレクターによる現地サポート
  •  年間10日間の有給休暇

 

留学期間は?

 オペア留学は、まず最初に1年滞在してその後まだ続けたいと思ったら無料でもう1年延長できます。(最大2年滞在可能)

 

実際、延長して2年滞在しているオペアがほとんどです。アメリカに2年いることで英語力はぐんっと伸びますし、より現地の生活を楽しむことができます!

   

英語力はどのくらい必要?

 f:id:hinaoki0216:20180107153601j:image

基本的には、「日常会話程度」とされています。

 

子ども達の様子を英語で伝えるというのもオペアのお仕事です。

なので、英語力が高いほど現地でスムーズにお仕事ができます。

 

しかし、多くのオペアが英語ペラペラというわけではなく、全く英語が話せないで渡米した日本人オペアを沢山見てきました。

 

もし、英語に自信がない場合は

ファミリーチェンジ制度を有効的に使いましょう!

 

例えば、

1年目は日本人ファミリーで英語に慣れる

 

↓↓ファミリーチェンジ制度利用↓↓


2年目でアメリカ人ファミリーに挑戦

 

そうすれば、英語が話せなくても

無理なくアメリカの生活に慣れていけると思います。

 

しかし、ファミリーチェンジ中は2週間以内に新しいファミリーを探さないと強制帰国となるので注意は必要です。

 

そのリスクを取りたくなければ、渡米前に出来るだけ英語力を上げるようにしましょう(^_^)

 

現在、格安英会話やオンライン英会話など

安くで英語を学ぶメソッドが沢山あるので

積極的に活用するのも一つの方法です♩

 

オペア留学後の進路は?

 f:id:hinaoki0216:20180107153814p:image

オペア留学することで、帰国後の選択肢はとても広がります。

 

英語話せる+保育経験もあるということで

インターナショナルスクールに就職する方が多いです^ ^(私もその一人)

 

その他にも、、、

 

外資系企業

英語の先生

旅行会社

海外就職

などが色々な就職先があります。

 

私の場合は、まだ日本に帰りたくないという

思いが強かったのでカンボジア就職しました。

 

海外でオペアとして働くことで

英語だけでなく色々な知識や経験が得られます。

 

それは日本で生活している同年代にはない自分の武器です。それを活かして帰国後も色々なことにチャレンジしていけると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オペア留学について少しでも知っていただけたら嬉しいです(^_^)

 

世界にはもっと色々な留学スタイルがあります。海外で過ごす日々が充実したものとなるように、自分に合った留学を見つけてくださいね(^ω^)

 

最後に私からのお願いです★

 

もし、周りに子ども好きで留学したい!

という方がいたら是非オペア留学について教えてあげて欲しいです♩

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

新卒でカンボジア就職するときに知っておきたい4つのデメリット

新卒、社会人経験なしでカンボジア就職しました、HINAです!

  

 やる気に満ちあふれてやってきたカンボジア

こんなこと聞いてない!という経験を少なくするためにもデメリットは知っておきましょう!

 

合わせて読みたい記事↓

hinaworld.hatenablog.com

 

インフラが整ってない

 f:id:hinaoki0216:20180103230426j:image

現在のカンボジアはタイの30年前、ベトナムの15年前という状況と言われています。

 

大都市であるプノンペンシェムリアップでも

インフラの弱さを感じます。

 

例えば、

  • 電気や水道が1週間に2回以上は止まる
  • 舗装されていない道がほとんどで砂ぼこりがすごい
  • 雨が降ると洪水になりやすい

 

特に仕事中に停電するのは日常茶飯事で

イラっとすることも多々ありました。

しかし、そこは気持ちを切り替えて電気の使わない仕事をしたりと臨機応変に対応しなければなりません。

 

インフラに関しては、個人の努力でどうにかなることではないので、日本では体験できない経験だと思って楽しみましょう(笑)

 

カンボジアの給料は日本の半分以下

 f:id:hinaoki0216:20180103231126p:image

日本人がカンボジアでもらえる給料の平均は5万〜15万です。

※もちろん職種によって異なります。

 

ちなみに私がもらっていた給料を暴露すると

1ヶ月7万円です(笑)

 

少なすぎると思うかもしれませんが、

カンボジアは物価が安いので生活できます!

 

 また、会社の寮に住んでいたので食費と遊び代だけ賄うには十分な額でした。

 

家族がいる方や日本で高い給料もらっている方には耳が痛い話ですが、

 

今までバイト経験のみの学生さんにとっては

海外でお金をやりくりする練習という意味ではちょうど良い金額だと思います。

 

研修制度が整っていない

f:id:hinaoki0216:20180103230533j:image

日本では、新卒を採用して一から育てていくというスタイルが多いですが、カンボジアの研修制度はそこまで手厚くありません。

 

限られた日本人スタッフのなかで運営しているため、どうしてもそこまで手が回らないのが現状です。

 

そのため、「教えてもらう」という姿勢ではカンボジア就職は難しいです。

 

常に自ら学んでいく」姿勢が大切であり、あなたを成長させてくれます。

 

カンボジア人の働き方の違い

f:id:hinaoki0216:20180103230600j:image

南国特有の雰囲気なのかゆったりとお仕事する人が多い気がします。

 

特に、締め切りがある仕事を任したときに、そのスピードで本当に間に合うのかと心配になることが多々ありました。

 

その背景には、カンボジアは農業大国ということが関係していると思います。

 

多くのカンボジア人は小さい時から親が畑で働く姿をみて育ちました。なので、会社で働くということに慣れていないのは当たり前です。

 

それぞれ育ってきたバックグラウンドが違えば働くスタイルも違うのです。

 

その違いを尊重しながら、お互い協力して働くということが重要です。

 

まとめ

日本を飛び出して、カンボジアで働くということはとても大変なことだと思います。

 

しかし、世界を知るということはとても大切なことで、これからの時代には不可欠なことです!

 

カンボジアで経験した良いことも悪いことも、あなたを成長させてくれることでしょう。

新卒のあなたに知ってほしいカンボジア就職をする10のメリット

新卒、社会人経験なしでカンボジア就職しました、HINAです!

 

就職先どうしよ。。。

 

って悩んでるあなたに伝えたい、

カンボジア就職という新しい選択肢。

 

新卒で大手企業に入れたらそれで満足?

なんか物足りなくない?とモンモンとしているあなたに是非読んでほしいです^ ^

 

 

 

1.新卒で経験ない若者でも海外就職しやすい

 f:id:hinaoki0216:20171230210508j:image

カンボジアは大きな経済成長を遂げている国ですが、日本と比べるとまだまだ未発達のところが多いです。

 

なので、高校や大学で身につけた知識やスキルを活用してカンボジアで就職するチャンスは沢山あります。

 

多くの日本企業が進出している現在、日本人採用に苦戦しているという話もよく聞きます。

そこで行動力のある若い人達にバリバリ働いてほしいと考える企業は多いのです。

 

日本食レストラン
現地の日本人向け旅行会社
日本語を教える

 

この3つの職業は、日本語を武器に働けるので新卒のあなたでもチャレンジしやすいと思います。

 

また、プラスαでカンボジア人にホスピタリティーを教えることであなたの経験にも繋がります。

 

カンボジアには、新卒、知識、経験なしでも就職できる環境が沢山あります。

 

2.日本にいる同年代より成長スピードが速い

 

家族や友達がいない場所に行く=すぐに頼れる環境がないということです。

 

そのような環境に身を置くことで、どのようにカンボジアで生きていくのかという「生きる力」や「自分で考えて行動する力」が身につきます。

 

もちろん、日本でも同様なスキルは身につきますが、成長スピードが全然違います。

 

カンボジアで「やらなきゃ生きていけない」という環境があなたの成長を加速させてくれるのです。

  

3.カンボジア就職は10万以下でできる

 f:id:hinaoki0216:20171230210622j:image

私がカンボジア就職でかかった費用は

たったの6万円のみ。

 

飛行機代(片道)→3万円

最初の1カ月分の生活費→3万円

会社の寮→0円

 (保険は任意で)

 

ちなみにアメリカでのオペア留学でかかったのは20万。

カンボジア就職だと半分以下という安さ。

 

卒業したばかりでお金に余裕がなくてもチャレンジしやすい金額だと思います。

 

4.日本では気づかない新しい価値観が広がる

 

日本に比べるとカンボジアはとても貧しい国なのにみんな笑顔です。

 

そんな不思議な雰囲気があるカンボジアには、日本人が忘れているものが沢山あります。

 

例えば、便利なもので溢れている日本では電気がつく、水が飲めるという小さな幸せを感じにくいものです。

 

カンボジアでは、その逆で多くのものがなくても小さな幸せを感じることが沢山あります。

 

カンボジアでの経験があなたの価値観をさらに広げてくれることは間違いなしです。

 

5.日本では出会えないであろう意識の高い人達との出会

 

海外就職する人は沢山いますが、中でもカンボジアで働くという人はとても意識が高いと思うんです。

 

カンボジアは危ない場所と考える日本人が多い中、「カンボジアでこれがやりたい!」という強い気持ちを持っているが多いです。

 

多くの方はカンボジアに行く前に周りから色々なことを言われたと思います。

それでも、自分の意思を強く持ちカンボジアで一生懸命働いている人が周りに沢山います。

 

その意識の高い人達と出会うことでモチベーションも高まります。

 

6.ビザの取得がめっちゃ簡単にできる

 

カンボジアで働くにはビザが必要です。

 

ビザとは、簡単に言うと外国人がその国に滞在することを許可します!という証明です。

 

日本で取得することも可能ですが、カンボジアの空港で取得する方が簡単で安いです。

 

現地の空港で取得すると、観光ビザ30ドル、就労ビザ35ドルです。延長は3カ月〜1年の間で選べて、30〜280ドルあればできます。

 

延長するのに面倒な手続きはなく、現地の旅行代理店などで簡単にできます。

ビザの面でも外国人が住みやすいと人気が出てきています。

 

7.カンボジア人はやさしい

 f:id:hinaoki0216:20171230162120j:image

カンボジア人はとてもフレンドリーです!

温厚で穏やかであり、いつも笑顔の人が多いです。その一方でシャイで真面目なところは日本人に似ている気がします。

 

また、親日の国でもあり日本人ということだけで興味を持ってくれることも多いです。

日本語を話すカンボジア人も多いので、英語やクメール語が分からなくてもお友達は作りやすいと思います。

 

8.時差2時だけ

 

カンボジアは日本より2時間遅れています。

17時間も時差があるアメリカに比べると、

だいぶ短い方だと思います。

 

その為、日本との連絡も取りやすいです!

 

9.カンボジアのご飯が美味しい

f:id:hinaoki0216:20171230162147j:image 

カンボジアのお米は日本のものと近いと思います。(あくまでも私の意見ですが)

 

私はパクチーや香辛料の強い料理、いわゆる東南アジア系の料理が苦手です。

そんな私でも食べられるカンボジア料理は沢山ありました。

 

また、カンボジア人は「味の素」が大好きで、味付けのベースも日本と似ています。

 

野菜炒めでも抵抗なく食べられました^ ^

その他にも、困った時の強い味方日本食レストランも沢山あるので食には困らないと思います。

 

10.東南アジアをバックパッカーできる

 

働きながら、休日を利用してラオス、タイ、ベトナムバックパッカーすることも出来ます。

 

陸路なら安くでいけるのでプライベートも充実します。海外に住みその近隣の国を旅するということも海外就職の楽しみですよね。

 

 

まとめ

以上、私がカンボジア就職をして良かったと思うメリット全てです!

 

日本で飲んでワイワイ楽しい生活よりかも、

カンボジアで他の同年代が経験出来ないことをする方がワクワクしたので、

 

私は新卒でのカンボジア就職を選びました。

 

もちろん新卒の方だけでなく、カンボジアに興味があるあなたにも知ってほしいメリットなので、是非参考にしていただけると嬉しいです! 

社会人経験なし、知識、経験なしの私がカンボジア就職した2つの理由?

カンボジアシェムリアップ

1年8カ月住んでいました。

 

HINAです♪

 

私が社会人経験なしでカンボジア就職したというと、、、

 

 

などの質問を聞かれることが多いです。

 

大きな理由としては、

カンボジアには、私が挑戦したいことが沢山あったから!

 

その中でも決め手になった2つのことを書いていきたいと思います。

 

 「目次」

 

若い人がチャレンジできる環境がある

 f:id:hinaoki0216:20171223104340j:image

カンボジアというとNGOやボランティアのお仕事などと思い浮かべると思います。

 

それはもう昔の話にすぎません。

 

最近では、ものすごいスピードで経済成長を遂げているカンボジア

 

日本では便利なもので溢れていますが、カンボジアはこれから大きな発展を遂げる国です。

いち早くビジネスを展開したいと日本企業やビジネスマンが進出していることも事実です。

 

日本の企業が増えることでカンボジアの雇用がさらに広がります。

 

カンボジア人は勉強熱心でクメール語だけでなく英語や日本語を話す人が沢山います(^ ^)

 

語学が堪能なカンボジア人を雇うのも良いですが、日本人特有の文化や感覚まで分かるカンボジア人は少ないものです。

 

そのため、責任あるポジションは日本人に任せたいという企業が多いです。

 

ここがポイントなんです!!

 

外国では日本人の雇用に苦戦することも多いですが、その一方で日本では外国で就職したいと思う若者が増えてきています!

 

一歩日本から出てみれば、あなたを必要としている企業は沢山あります。

 

特にカンボジアでは、あなたのやる気次第でマネージャーや店長として働くことは大いに可能なのです!

 

 f:id:hinaoki0216:20171223104737j:image

実際に私も22歳にしてカンボジアのホテルでアシスタントマネージャーを任されていました。

 

20代前半の若者が日本食レストランやスパの店長として働いていることはカンボジアでは珍しいことではありません。

 

でも。。。私、

社会人経験ないし、知識も全然ないけど大丈夫かな?

 

と思うかもしれませんが、私も最初はあなたと同じ状況でした^ ^

 

でも、心配ありません!

 世界の中でも日本の教育はとても優れており基礎能力が高いです。 

 

また、日本のホスピタリティは世界に誇れるほど素晴らしいです。日本でのバイト経験を通して得た接客スキルがあれば、カンボジア人にホスピタリティを教えることが出来ます。

 

カンボジア人に私がまず教えたことは、

「お客様が来たら立ち上がって、笑顔で挨拶をする」という日本では当たり前のことからでした。

 

これなら特別な知識なしでも教えられますよね(^。^)

 

カンボジア就職」と聞いて、海外で通用するようなスキルが必要だと思うかもしれませんが、

 

これから発展していく国カンボジアでは、まだ色々なことが未発達です。なので基礎能力が高い日本人であるあなたが活躍できる環境が沢山あるということを知ってほしいです!

 

また、あなたのやる気次第では責任あるポジションで働けるチャンスが沢山あります^ ^

 

 日本では長く働いてもらえる重役ですが、カンボジアではバンバン任されるので経験値はとても上がります。

 

しかし、あくまでもあなたのやる気次第です!

 

意識が高い同年代が周りに沢山いるのでモチベーションも自然と高まります!

 

もし、私が日本で社会人1年目を経験していたらきっとこんなに成長はしていなかったと今でも実感しています。

 

 

カンボジアでは英語が飛び交っている!(シェムリアップ

 f:id:hinaoki0216:20171223105230j:image

カンボジア就職の決め手のひとつになったのが「英語」です。

 

アメリカからの帰国後は、絶対英語を使って働くと決めていました。

 

しかし、周りから聞こえてくるのは、

良い就職先がなくて結局日本語のみの仕事に就いて、英語を忘れる。などのネガティブなことばかり。

 

カンボジア就職の話を頂いた時に真っ先に聞いたのは、英語を話す環境はありますか?という質問(笑)

 

返ってきた答えは。。。

 

英語が話せれば問題なく住めてしまうほど英語が飛び交っています。職場のホテルでも外国人観光客に英語で接客することも多くありますよ。

 

それを聞き、今まで身につけてきた英語を活かして働ける環境がカンボジアにあると確信し、すぐに決断しました^ ^

 

カンボジア、特にシェムリアップでは英語が共通言語です。

 

理由としては、世界遺産アンコールワットがあるからです!毎年多くの外国人観光客がカンボジアシェムリアップに訪れます。

 f:id:hinaoki0216:20171223111428j:image

カンボジア人のお友達が言うには、、、

 

英語が話せないと仕事が見つかりにくい。また、英語だけでなく日本語、フランス語、スペイン語など話せるとさらに仕事の幅が広がるため、みんな語学は一生懸命勉強するよ!とのこと。

 

確かに英語に関しては、日本人よりカンボジア人の方が断然上手です^ ^

 

また、外国人在住者も沢山いるので一緒にお出かけして英語でお喋りすることも多くありました!

 

発展途上国というと英語が通じないイメージが強いですが、場所を選べば英語を使って生活できる環境がカンボジアにはあります!

 

また、日本語を話すカンボジア人が多いのも魅力の1つです。なので他のアジア圏に比べれば挑戦しやすい国でもあると思います。

 

 

【まとめ】

社会人経験なし、知識、経験なしでもあなたの基礎能力を活かして活躍できる場所が沢山あるカンボジア

 

英語を使って働ける、又は英語学びながら働ける環境があるカンボジア

 

カンボジア就職を以下のあなたにオススメします^_^

 

  • 海外での社会人1年目を考えている
  • アジア就職を考えている
  • カンボジアに興味がある
  • 将来起業したい若者
  • 海外で自分を成長させたい
  • アジア圏で英語を使って働きたい
  • 英語を学びながら働きたい

 

この記事よって、あなたの働く場所リストにカンボジアという選択肢が増えたらいいなと思います(^^)

 

はじめまして!

 当ブログを運営していますHINAです^^

f:id:hinaoki0216:20171210220300j:plain

 

私は 子どもと海外が大好きでこれまで

 

・アメリカでのオペア留学

(ベビーシッターの留学)

カンボジアでの就職

 

など経験してきました。

 

20歳で海外に飛び出して沢山のことを

経験してきた私だからこそ伝えられること

があるのではないかと思いこのブログを始めました☆

 

海外に行きたいけど勇気がでない!

という同年代の背中を押せるブログ

になればと思っています(^.^)

 

まずは、昔から海外が大好きで

これまで2ヵ国で生活してきた

私の人生をシェア出来ればと思います!

 

なぜ海外が好きなのか?

 それは、新しい発見の連続だから!

 

街を歩いているだけでも

日本にはない新しいことが沢山^^

 

コンビニも違う

走っている乗り物も違う

街の活気も違う

聞こえてくる言葉も違う

 

すべてが新鮮でワクワクが止まらなくなる

あの気分がたまらなく好きなんです!

 

日本では普通なことも海外では

通用しないことも沢山。

 

アメリカのトイレは足が地面につかないとかねw

(実はチビなんです。)

 

そんな日常的レベルで新しい発見があるって日本ではなかなかないですよね(^.^)

 

海外が好きになった原点は英語。そして子ども!

f:id:hinaoki0216:20171210220947j:plain

進路について悩んでいた高校生の私。

 

何気なく行った専門学校のイベントで

行われていた英語のプレゼンを見て

 

「英語話せたらめっちゃかっこいいじゃん」

 

と英語の魅力にハマってしまったのです^^

 

その後、いきなりテキストを買って

英語の勉強をしている私を見て

親がびっくりしていました(笑)

 

日々、英語を勉強していく中で

アメリカで生活したい!

という思いが強くなりました!

 

ただ、ワーホリが認められていない

アメリカで留学するには

語学留学しかありませんでした。

 

100万円以上はかかるといわれ、

まだ高校生だった私には

そのような選択は出来なかったです。

 

進路について悩みに悩んだ私がだした決断は

保育の専門学校入学でした。

 

英語と保育って関係ないのでは?

と思う方もいると思います。

 

実は、英語を学びながら保育スキルも

身に着けることができる留学があるんです。

 

私が行ったオペア留学とは? 

私が保育の専門学校を選んだ理由は

「オペア留学」をサポートしてくれるからです。

 

オペア留学とは、(ウィキペディア)

オペアオーペアAu Pair)は一般的には、海外ホームステイをし、そこに住んでいる子供のベビーシッター或いはナニーとして保育をしながら、ホストファミリーから報酬をもらって生活し、現地の学校(コミュニティ・カレッジ)などに通い他国のオペアと国際交流をしたり文化交流をすることの出来る、日本ではまだ新しい留学プログラムである。 

私が一番興奮したのが、

 

ホストファミリーから報酬をもらって生活できる♪

 

アメリカはワーホリがないと有名ですが

そんな国で唯一認められているのがオペア留学です!

 

オペア留学は年間30万円で留学できます^^

その他にも嬉しい待遇が沢山↓

 

・往復航空券手配

・自分のお部屋(3食付き)

・学費補助(500ドル)

・お給料として年間100万円もらえる

 

オペア留学という夢ができて

保育と英語を並行して勉強しました。

 

英語だけでなく外国での保育を経験

することが出来たので、改めてオペア留学に

出会えて良かったと思います!

 

オペア留学を通して

私は、2013年3月にワシントン州のシアトルに住む4人家族のオペアとして働きました。

f:id:hinaoki0216:20171217232233j:image

ホストペアレントには英語で、

子ども達には日本語で話していました。

 

ホームステイでは、ファミリーとの相性が

とても大切になってくるのですが、

 

私のファミリーは本当に温かく

週末にお出掛けしたり、

旅行に連れって行ってくれたりと

とても楽しく過ごせました(^o^)/

 

最初の頃は、

 

ホストパパが言っている英語が分からなくて仕事でも迷惑をかけたり

 

子ども達が懐いてくれなかったり

 

スーパに行くことが怖かったり

 

簡単なことでさえ大変でしたw

 

でも、誰もいない場所だからこそ

甘えられる環境もなく自分を大きく成長

させることができたのだと思います★

 

また、一番うれしかったことは「英語が話せるようになる!」

という昔、想い描いていた自分に近づくことができました♪

 

そんな、充実したアメリカ生活をしているうちに

 

・もっと海外で色々チャレンジしたい

・保育についてもっと詳しくなりたい

 

とやりたいことが沢山出てきました♪

 

やりたい事が叶えられるライフスタイルとは?と考えた時、

 

仕事を自分で創り出していくフリーランスという働き方にすごく魅力を感じました。

 

そんな時に訪れた出会いが

 

カンボジア

 

自分で稼ぐスキルを身に着けるためにカンボジアで修行!?

f:id:hinaoki0216:20171210225046j:plain

オペア留学を1年で終えて、帰国後すぐにカンボジアシェムリアップに飛びました!!

 

カンボジアに行った理由は、

尊敬できる経営者さんのもとで働き

色々吸収したいと思ったから!

 

自分の力で生きていくというマインド

になってから引き寄せるように

カンボジアへの道がひらかれていきました!(詳しくは別の記事にて書きます)

 

カンボジアでは小さなリゾートホテルで

ホテル業務全般とツアーガイドとして

1年8ヶ月働きました。

 

アメリカ生活とは違って

楽しいことばかりではないカンボジア生活。

 

自転車をぶっ飛ばして泣きながら帰る日々

 

お母さんや姉に泣きながら電話する日々

 

SNSで友達が楽しそうにしている写真に嫉妬する日々

 

社会人経験0の私が異国の地で外国人と働く

というのは本当に大変なことでした。

 

しかし最後には、

アシスタントマネージャーとして

カンボジア人20名と日本人5名を

まとめるほどたくましくなりました(笑)

  

今振り返るとカンボジアでの出来事すべてがとても貴重で、最速で成長させてくれました。

 

カンボジアで異常なくらい刺激的な毎日を

送っていたせいか、

 

日本でのゆるーい生活に

プチバーンアウト症候群になっていたのは

ここだけの話(笑)

 

今は、何しているの?

今はインターナショナルプリ―スクールで働いています。

英語を使って保育をするというお仕事です。

 

子どもと英語の環境は

私にとって天職だと思っています(^.^)

 

まだまだ、保育や英語については

勉強中ですが将来的には

 

その2つの分野でお仕事をしていきたいと考えています(*´ω`*)

 

保育士さんや英語勉強中の方とも

このブログを通して繋がっていけると嬉しいです★

 

次の夢は、世界一周!

f:id:hinaoki0216:20171217232334j:image

やっぱり私は海外がすき!

英語がすき!

そして、子どもがすき!

 

それを全部活かせる旅をしたい。

その環境の中で生きていたい。

 

旅のテーマは「子ども×世界一周」。

 

今考えてるアイディアは、

世界をまわり現地のママ達に英語で

育児についてインタビューをして

日本のママ達に届けたい!

 

例えば、誰もが頭を悩ませる

「2歳児のイヤイヤ期」は世界共通のもの!

 

そのことについて外国のママ達は

どのように考え、育児しているのか

などをインタビューする!

 

外国の育児事情を届けることで

日本で悩んでるママに少しでも

エールを送れたらと思っています^^

 

他にも、子連れの旅行でも

楽しめる海外スポットを紹介する

ことも楽しそうだなと密かに考えています。

 

ただ世界一周するのではなく、

何か子どもやママやパパをHAPPYに

出来るものを海外で探していきたいなと

思っています(^O^)

 

そして私が発見したものを通して、

家族が円満になりその温かい環境の中で

育つ子どもがどんどん幸せになって

くれたら嬉しいです(*^^*)

 

まだ、アイディアばかり並べている私ですが必ず実現させてみせます!!

 

その準備過程などもブログに書いていきますので

応援よろしくお願いします(*´▽`*)

 

長々と書いてしまいましたが、

最後まで読んでいただきありがとうございます♪